calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

【PR記事 岐阜県高山市】 温泉旅館並みの大浴場に、コワーキング張りのフリースペース。飛騨高山に相応しい?ハイセンスな宿「ワットホテル&スパ飛騨高山」。

【PR記事 2019.02.21 岐阜県高山市】

温泉旅館並みの大浴場に、コワーキング張りのフリースペース。飛騨高山に相応しい?ハイセンスな宿「ワットホテル&スパ飛騨高山」。

飛騨高山の宿泊施設は、「特殊」なマーケット?
今さらながら、飛騨高山と言えば、人口10万人に満たない「小さなまち」ながらも、比較的閉ざされた地理的環境の中で独自の文化を育んできた観光都市であり、しかも飛騨地方広域の中枢機能が一極集中的に集まる拠点都市だ。

よってこのまちには、その人口規模に比して、大小様々な宿泊施設が以前から数多く立地していた。

泊る側からすれば、全国的にも、宿の選択肢の多いまちのひとつと言えるだろう。

そしてその飛騨高山で2018年4月、ワットホテル&スパ飛騨高山という、ハイセンスなホテルが新たにオープンした。

 


露天風呂付き温泉大浴場の他、貸し切りの家族風呂も。
前述のとおり、このまちは、観光都市であり、広域の拠点都市でもあるため、ビジネスホテルと観光ホテルの境界線が、他の同規模の地方都市に比べ、曖昧だったりする。

今回オープンしたこのホテルもやはり、ビジネス客・観光客双方に訴求するスペックを備えており、良い意味で「積極的に曖昧」だ。

客室は、シングル利用も兼ねたダブルやツイン中心ながらも、他のホテルには少ないトリプルルームを比較的多く設定。

館内には、天然温泉の露天風呂付き大浴場の他、貸し切りの家族風呂も設置するなど、一歩突っ込んだ?温泉旅館の機能も有している。

 

 

レストランとラウンジをフリースペースとして開放。
そしてこのホテルの大きな特徴となっているのが、2階のレストランと、7階のラウンジであろう。

2階レストランの営業は朝食バイキング「のみ」、7階ラウンジの営業はバータイム「のみ」なのだが、何れのスペースも営業時間以外の日中はフリースペースとして開放している。

フリースペースではデスクワークも可能なため、ビジネスマンにとっては、さながら出張先・もしくはリモートワーク先のコワーキングスペースといった印象だ。

このホテルを良い意味で「積極的に曖昧」と評したのは、入浴施設は温泉旅館風、フリースペースは新手のビジネスホテル風という、メリハリの効いたスペックを組み合わせているからである。

ある意味、飛騨高山らしいホテルと言えるだろう。

                          By まちおこし編集長
宿泊予約は
ワットホテル&スパ飛騨高山


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック