calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

【PR記事 福岡県福岡市】 自宅でUCCの「旅カフェ ご当地珈琲めぐり」を飲んでみた。(1)博多編〜 8都市の中で最も「ライトで苦い」のは本当か?

【PR記事 2019.12.02 福岡県福岡市】
自宅でUCCの「
旅カフェ ご当地珈琲めぐり」を飲んでみた。(1)博多編〜 8都市の中で最も「ライトで苦い」のは本当か?

 

ご当地珈琲ブームにUCCが乗らないワケは無い?
近年、この国では「ご当地珈琲」っていうのが、ちょっとしたブームになっている(と思いたい)。

かく言う自分も、出張や観光で各地を訪れた際、自家焙煎の珈琲店やカフェってのに、ついつい寄ってしまうクセがついてしまった(笑い)。

さて、天下のUCC(笑)が、そんな「ご当地珈琲」に目をつけないワケがない。

案の定、全国主要8都市の特徴的な珈琲を詰め合わせにしたドリップパック「旅カフェ ご当地珈琲めぐり」という商品を既に販売していた。贈答用と言えば贈答用なのだろうが、ちょっと大きなスーバーならば普通に珈琲売り場の棚に並んでいる。

 

 

確かに、スッキリ軽くて苦い味かも。

で、早速、この商品を某スーパーで購入、家庭で全国行脚?を楽しむことにしてみた。

まずは博多編。パッケージ裏の記載を見ると、ストロング⇔ライトの区分では、8都市で群を抜いてライト、苦味⇔酸味では僅差で?仙台に次いで苦い部類となっている。

豆の原産国はブラジル・ベトナム(イメージだけで苦そう)。

実際に飲んでみると、確かに、スッキリ軽くて苦い(ネット上では賛否両論あり)。

本当に博多でこんな感じの味が流行っているのかは不明だが、正直、好みではない味ながらも、切れの良さという点では、そこそこ美味いと思ったりもした。

ちなみに、福岡市内ではないが、過去に訪れた自家焙煎の珈琲店で個人的に印象に残っているのは、糸島市のココ

                          By まちおこし編集長
この商品は楽天市場で購入できます
UCC 旅カフェ ご当地珈琲めぐり


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


| 1/46PAGES | >>