calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

【PR記事 岡山県岡山市】 「キノシタショウテン」のコーヒー豆お試し6種セットを試してみた(6)。2年前に岡山のお店で衝撃を受けた「コスタリカ」の香りを再現できたか。。。

【PR記事 2020.04.13 岡山県岡山市】
「キノシタショウテン」のコーヒー豆お試し6種セットを試してみた(6
)。2年前に岡山のお店で衝撃を受けた「コスタリカ」の香りを再現できたか。。。

全ては、岡山で受けた衝撃から始まった。。。
今回は、1回目2回目3回目4回目5回目に引き続き、キノシタショウテンのコーヒー(豆or粉)お試し6種セット(13g)の6回目(最終回)。

何を隠そう、「おおとり」として最終回にあえて残していたこの豆、実は2年前に岡山駅前にあるキノシタショウテンのお店「THE COFFEE BAR」で衝撃を受けた豆なのである。

それまで、珈琲と言えば、「ミルクや砂糖が必須の単なる苦い飲み物」としか思っていなかっただけに、岡山のお店で飲んだ際の感想は、口から鼻に突き抜けるような、爽やかなフルーツのような香りに完全にノックアウトされました、という感じだった。。。

で、添付の「通信簿」の記載(5段階評価)は、焙煎度2、甘味3、酸味3、ボディ・コク1、フレーバー2、ビターさ1。

飲み心地のコメントは「フローラル」「レモン・ピーナッツ」「シロップの甘味」とある。

 

 

味は再現可能、香りは再現不可能?

まず、袋を開けて「あっ」と思ったのは、豆の大きさだ。

ヴィシャサルチという品種らしいのだが、これまでに入手したどの豆よりもひとまわり小さい。

早速、1煎目は中挽きでキッチリほぼ1杯分を淹れてみた。

う〜ん、ドリッパーからは、沸き立つようなアロマが感じられたものの、「フローラル」「レモン・ピーナッツ」という感じではないのである。

味はどうかと言うと、確かに、フルーティーで「珈琲独特の甘さ」はしっかりと再現出来たような気がした。

しかし、岡山のお店で衝撃を受けた「口から鼻に突き抜けるような、爽やかなフルーツのような香り」は再現できていない。

2煎目以降は、まろやかで美味しい豆茶を楽しめたのだが、1煎目であの「香り」を再現できなかったことは「悔しい」の一言なのである。

こりゃ、この豆だけを100gか200g購入して、香りを再現できるまでリベンジだ!

                        By まちおこし編集長
この商品は楽天市場で購入できます
キノシタショウテンのコーヒー(豆or粉)お試し6種セット(13g)


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   


| 1/51PAGES | >>