calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

archives

【PR記事 富山県高岡市】 食事処や一部客室から高岡大仏を望む「角久旅館」。早割り・連泊割りはあっても、宿泊料金は基本365日同一料金。

【PR記事 2020.01.07 富山県高岡市】
食事処や一部客室から高岡大仏を望む「角久旅館」。早割り・連泊割りはあっても、宿泊料金は基本365日同一料金。

 

絶妙な場所に鎮座?する大仏様。

日本三大大仏のひとつ「高岡大仏」。

奈良や鎌倉の大仏に比べれば少々マイナーかも知れないが、今さらながら、高岡市内では随一の観光スポットだ。

しかもこの大仏様、JR高岡駅より徒歩約10分、商店街のある表通りから一歩奥へ入ったマチナカにあり、観光客に回遊してもらうには絶妙な立地に鎮座しておられるのである(笑)。

もちろん、高岡自体は城下町であり、商都であり、地方中核都市でもあるので、イコール大仏様の門前町、というワケではない。

しかし、大仏様を中心とした観光宿泊需要もそれなりにあるようで、大仏様のほぼ正面には、角久旅館という古い旅籠?を模したような宿があったりする。

 

 

大仏様を仰ぎ見ながら、朝食・夕食。

で、この宿、中身はどんな感じかと言うと。。。

客室は8畳〜22畳の伝統的な和室で、バス・トイレは共用。

朝食(和定食)と夕食(御前)は館内の食事処での提供となる。

まあ、言ってみれば、日本の地方都市には古くから普通にあった「都市型旅館」だ。

普通じゃない部分があるとすれば、食事処や一部の客室から「大仏様」を眺望できることだろうか。

ちなみにこの宿、シーズンや曜日などによって宿泊料金の変動が激しくなる傾向にある日本の宿泊業界では珍しく、365日同一料金としている(早割り・連泊割り等はあり)。

大仏様を仰ぎ見ながら?泊まってみたい人はぜひ。。。

                          By 旅の小坊主
宿泊予約は
角久旅館


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    


| 1/45PAGES | >>